言い間違え

  • 2013.10.12 Saturday
  • 10:25

最近までノエルと言うべきところを間違えて「ヴィオラが・・・」と言ってしまうことが、しばしば。


いまだ私のデフフォルトはヴィオラなのかと、ノエルに悪いな〜と自己嫌悪にも。


それが気付いたら、今度はヴィオラと言うべきところを「ノエルが・・・」と。


単なる健忘症かはたまたアルツハイマーの前兆かクエスチョンマーク


まぁ素直に、ノエルが私の生活の中で大きな存在になってきたというのが、一番でしょう。


いまだなんにでも齧りついて、怒られてばっかり。


興奮すると、こちらの方なんか見向きもせず、家の中を爆走。


ヴィオラのように何も言わずに体の一部をくっ付けて、のんびり過ごすのようになるのは、

まだまだ先のことだけど、それでも家族の一員になってきているかな。





写真、なぜかノスタルジックな感じになってしまいました。

ヴィオラ12歳

  • 2013.08.26 Monday
  • 11:58

生きていればヴィオラ今日で、12歳です。


あれだけ元気だったのに、「バイバイ〜〜」ってあんなに早く逝くなんて。


以前のブログというかHPはサーバーがダメになって文章は見れませんが、

写真だけは残っていて、それを時折見ています。

3か月を過ぎたころ。




そして雪と遊ぶヴィオラ。





今朝せりあさんのところのパピーの説明で、

セーブルの女の子が「性格は 好奇心旺盛 何事も 兄弟の中で一番最初に体験する

それを見て、他の子たちも真似をするって感じです」

ってあって、「こりゃ、ヴィオラそっくり!!」と思ってしまいました。


そんなヴィオラの次に来る子はどんな子がいいかと考えた末、迎えたのが、ノエル。




最初はまたセーブルの女の子とも思ったけれど、ヴィオラは私にとって"only one"セーブル。犬

比較したらその子も私も不幸。


ノエルは色も性別も違っていて、でも性格は驚くほど似ていて、人&犬懐っこい。ハート

こんないい子を産んでくれたゆらちゃん、えりぱさん、本当にありがとうありがとう


いまはちょっと騒いでうるさいときもあるけれど、今に落ち着くでしょう。


ヴィオラ、見守っていてねビックリ


ヴィオラ

  • 2012.08.27 Monday
  • 21:45



8月26日はヴィオラの11歳のお誕生日.

ずっと山行のことが頭にあって,なぜか,月曜日が26日だと思い込んでいたドジ母です.

それでも,大好きなリンゴをお供えして,1日遅れのお誕生日を東京でお祝いしました.

折合いを付ける

  • 2012.03.27 Tuesday
  • 20:47
TV,ラジオはほとんど見たり聴いたりしませんが,「きたやまおさむのL&M」は例外.
聴いて,かつ誕生日プレゼントにいただいたSONYのポータブルラジオレコーダーに録音して
iPhoneに落としても聴いています.

それがなんと昨日が最終回.テーマはもちろん「別れ」.

別れはある程度心の準備ができていると,「折合い」が付けられると.

ヴィオラの死は晴天の霹靂だったので,うまく受入られないでいる私からすると,納得.
心の摩擦が起きないようにある程度準備できればよかったけど,そうもいかずです.

この番組を聴く少し前,ヴィオラと同じ犬舎から札幌に来て,この間亡くなったララちゃんの
ママと電話で話したのですが,「あんまり泣いていると,ワンコが虹の橋のたもとまでも行けない」.
涙が雨となって行く手をはばむのよ」とのこと.

元気なヴィオラはメソメソしているのは好きじゃないし(多分),楽しくするが好きなはず.

この間のマコトさんとカノン君といい,ララ母さまといい,ヴィオラを通じて知り合った
ファミリーのみんなが気遣ってくれて.

これがヴィオラが残してくれた優しさ,折合いが付くようにしてくれているのかもしれません.

ヴィオラの好きなところ

  • 2012.03.06 Tuesday
  • 20:25



女性に対して「足の太いところがいい!」と言ったら,セクハラになってしまいそうですが,
犬の世界では許されるでしょうか.

ヴィオラはどこをとってもかわいいけれど(親バカをお許し下さい),とくにガッチリとした
太い足がかわゆい.

飼い主同様骨太で,骨太一家と呼んでいました.この太い足で山にしっかり登ったり,
丘を駆け登ったり,いろんな冒険をしてまわりました.

その太い足がしっかり見えるのが,お座りをしたとき.

この写真は2年ほど前,邸宅巡りと呼んでいたお散歩コースを通った時,ステキなお宅の前で撮りました.

ひとりで人の家の写真を撮っていたら,怪しまれますが,ワンコがいれば,こんなこともOKですイケテル

物持ちがいい

  • 2012.02.06 Monday
  • 19:47



ヴィオラがいなくなって,小さいときの写真はどこ!? と急に気になり出しました.
データは基本iPhotoに入れてありますが,古いMacに入り切らなくなり,外付けのHDに退避させたはず.
これだと出し入れが大変だな〜と思いつつ,古いHPがどうなっているか調べたら・・・.

htmlで作成していたを,MTに,さらに既存のブログを借りる形で移行してきましたが,律儀にhtmlのソースも,
写真データともに移行したせいか,まだ残ってました!

こちら

をクリックすると最初期のHPが表示されます.物持ちがいいというか,捨てられないというか.

トップページのわざとラフな印象にした写真を見て,もうウルウル.

日記を見るとブログの方に行ってしまいますが,バックナンバーをクリックすると,札幌に来た当時からの記録に.

記述はもう10年も前のことなので,古くなっている情報やリンク切れが多々ありますが,写真だけでもよかったら.


今日の写真はヴィオラの荷物.真ん中のミニーさんはせりあさんからいただき,ヴィオラといっしょに我が家に来ました.
さすがタオルは引きちぎられてボロボロになって捨てましたが,この子はなんとか生き延びています.

ヴィオラ

  • 2012.02.03 Friday
  • 19:33



ヴィオラ,2月1日の深夜,天に召されました.

その日の朝はいつものように朝の6時過ぎにお散歩し,
3時過ぎには家人とお散歩をしました.

ふたりがいない数時間の間に何があったのか.
私が戻ったとき,ヴィオラはいつものように玄関のところで出迎えてくれました.
でも腰が上がらず,少し鼻血を出していました.

ビックリして抱き上げて,ソファで抱きしめて様子を見守りましたが,むしろ悪くなっている.
呼吸が荒くなったので,急遽その夜のうちに受診させようと夜間病院を探し,出掛けました.

家と車の中でも人工呼吸をしながら行きましたが,病院に着いたときは心肺停止状態.
即挿管し,30分近く心臓マッサージをして必死に自発呼吸をするよう尽くしてくれましたが,かなわずでした.

病因は,初めてのところなので,当然のことながら分からず.

シェルティが大好きで,でも,仕事のこと,住居のこと,諸々の制約があって,なかなか飼えずにいました.

ネットでシェルのサイトを見てはため息をついていましたが,せりあさんのところでヴィオラの顔を見て,
彼女しかいない!!と確信して,メールをし,譲り受けました.

我が家にやって来たヴィオラは元気そのものの,お転婆娘.

小さいときはなんでも齧って,そのために肝機能異常を起こしたこともありますが,
それ以外は大きな病気もせず,健康に育ってきました.

ホームページを作ったのはヴィオラの成長を綴りたかかったため.
HTMLやら出たばかりのMovable Typeを見よう見まねで使って成長ぶりを紹介してきました.

最近は盗み食いが多いのと,同じことを何度も載せるのはどうかな〜ろいう気持ちも手伝って
更新回数が減ってきていました.

ヴィオラが年を取ったのも,あるかな.
大好きなソファの上で居眠りすることも多く,これも年のせいと思っていました.

でも,でもこんなに早く私の元から去っていくなんて.

ワンコちゃん大好き,人間大好きで,ご近所付合いの下手な飼い主の代わりに
まめにご近所さんに擦り寄って挨拶してくれたり.

シェルは人間の気持ち,言葉が分かるワンコだとは聞いていましたが,ヴィオラはその通りのワンでした.

悲しいことがあってボンヤリしていると,そっとそばに来てくれたり.

やっぱりヴィオラの話題で外せないのが食欲.
食べるの命で,私たちが食べているものはなんでも食べたがりました.

でも,しっかり乾燥剤はよけて.頭のいい子でもありました.

そんな我が家の愉しみは,食後のおリンゴ.
何をしていても「おリンゴ!」の声がすると,転がるようにそばにやって来て,お座り.

私からもらったかと思えば,家人のところに行って,そしてまた私のところに戻って来て,
と気ぜわしくも食欲全開の娘(おばさん)でした.

いまの季節はデコポン.

今朝,朝食にデコポンを出したら,自然と(私でも食べられる)袋を残してしまい,
あぁ,ヴィオラがもういないのを実感しました.

ヴィオラの遺影の前には大好きなリンゴとミルクをお供えしていますが,
今日はひとつまんまのを上げてきました.生きているうちに食べさせてあげれば,よかった.

ヴィオラがいなくなってしまって,このサイトをどうするか.

まだ何も考えられません.次のワンちゃんは,とも聞かれますが,それも分かりません.
もう少し時間が経って,冷静に考えられるようになるまで,思い出のためにも,放置しますことを,お許し下さい.

いままで,温かくヴィオラを見守って下り,深く感謝致します.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM